So-net無料ブログ作成

勝負の品格 [社会]




 将棋の魅力は「勝ち負け」にだけあるのではない
 
だからといって、将棋ファンがそっぽを向くようなことはないだろう。船江五段は、「人間の弱さが出てしまった」と敗因を語っている。個性あふれる天才たちが、「人間の弱さ」と闘いながら、神の一手に近づこうとする。その姿こそが、将棋の最大の魅力だからだ。

 引用記事全文
 http://sankei.jp.msn.com/life/news/130408/shg13040803080000-n1.htm

 今回の将棋ソフト対プロの団体戦は、現在プロ側の1勝2敗だという。

 先に行われた2007年の渡辺竜王対とボナンザ戦は、竜王の勝ち、2012年の米長永世棋聖対ボンクラーズ戦は、ボンクラーズの勝ちであった。 ともに敗者側の、見落としか消極手が敗因であった。

 将棋ソフトの実力が上がったからと言って、プロが行う真剣勝負には、人間対人間の勝負の”あや”と”気合”がありコンピューター将棋の及ぶところではない。

 将棋は、まさに一人の人間対人間の精神と体力を賭けた格闘技であろうか。

 元巨人軍投手 桑田真澄氏は、ピッチャーはマウンド上では一人、信じる者は自分しかない、と言う。

 一球入魂の勝負は、自分を信じて勢いと伸びのある球を投げねばならない。この気迫を乗せた球をバッターは打つことができないという。

 以前、中沢不二雄さんという野球の名解説者がいた。ピッチャーがストライクがほしくて、「球を置きに行く」という言い方をされていた。ストライク欲しさに、まさに勢いも自信もない球を投げるから、間違いなく打たれる。

 将棋も手が伸びる、勢いがある手を指した方が勝つ。


 船江五段は、「人間の弱さが出てしまった」と敗因を語るが、人間対人間の勝負は、勢いと気迫が勝ったほうが勝つ。敵は相手ではない。「敵は我にあり」、まさに自分なのだ。


 前記事があります。 よろしければどうぞ。

 70歳の恋 そして勝負!

 ”信をも守らじ、礼儀をも思はじ”

 「信をも守らじ、礼儀をも思はじ」、徒然草の一節である。

 「信なくば立たず」とよく言われる。世界を席捲したトヨタの生産システムの根幹にあったのが、この考え方であったと聞く。

 コンピューター将棋にないものが、礼儀と品格だ。 これをプログラムに組み込むことは不可能だと信じたい。

 
 人間の勝負にも品格と気品が必要だ。


 「さわやかに勝つ」、米永邦夫永世棋聖がよく言われた。棋理に反した手や、スジの悪い手を打つくらいなら、潔く負ける。逆にいえば、何が何でも勝ちにいくと、こんな綺麗ごとは言っていられないのかも知れない。

 
 ここに、棋士たちの持つ人間性がある。滲みでる品格がある。


 20歳の囲碁名人、井山裕太さんを育てた石井九段は、盤外の礼儀を厳しく教えた。対局開始の「お願いします」から終了時の「ありがとうございました」まで礼を失することは許さなかったという。

 大勝負を制するのは、よほどの精神力、人間力がないと難しい。かっての坂田栄男、加藤正夫氏も若くして囲碁の名人挑戦者になるも敗退、その後名人になるまで10年の歳月を要した。

 この10年は、技術だけでなく、不屈の精神力の鍛練であった。

 
 かって、将棋の升田幸三名人は、「人生の間合いと、遊び心」が大事だといった。加藤正夫氏も幾度か、名人に挑戦するが、あと一歩及ばず敗退を繰り返した。

 すべてに真面目すぎた加藤正夫氏を、見かねた石田芳夫九段が、「少し遊べば」とアドバイスした。2年程して名人になり、その後タイトルを総なめにしたという。

 

参考書籍

勝負 (中公文庫)
勝負 (中公文庫)升田 幸三

中央公論新社 2002-09
売り上げランキング : 251076


Amazonで詳しく見る
by G-Tools





ノーベル賞学者、益川流、無駄と遊びの効用を説く。

益川流「のりしろ」思考
益川流「のりしろ」思考
扶桑社 2009-09-29
売り上げランキング : 622


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



何故かジャズ されどジャズ


マイ・フェア・レディ
マイ・フェア・レディシェリー・マン&ヒズ・フレンズ

ユニバーサルクラシック 2009-06-12
売り上げランキング : 50747


Amazonで詳しく見る
by G-Tools






nice!(209)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 209

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。